いまち月のハコニワ

発達障害&卵巣嚢腫と生きるアラサーガールブログ

【月14万一人暮らし】家電、全部揃える必要ある?なくても困らなかった家電まとめてみる

f:id:suikanoasobi:20191116221124j:plain

 

こんにちは、いまちです。

 

月14万円で一人暮らしを始めて、4ヶ月が経ちました。

 

日々の暮らしの中で、わたしが気をつけていることが、やはり節電

 

電気代は実感として、他のガスや水道なんかの料金よりやっぱり高くなってしまいがちなので、気をつけています。

 

そのとき、日頃の「使わない時は消す!」のようなチリツモ節電ももちろん大事です。

 

が、その前に必要な家電とそうでない家電を見極めて、必要なものだけ使うことで、トータルの電気代がだいぶ変わりますよね。

 

ということで、月14万円生活を送っている我が家で、必要ないと思って買わなかった家電をまとめてみました。

 

買わなかった家電については、何故買わないという選択をしたのかについての理由も述べていきたいと思います。

 

 

 

その1  炊飯器

 

炊飯器は買いませんでした。

 

理由は以下。

 

  • 炊飯器じゃなくてもお米を炊く手段はある
  • そもそも置く場所がない

 

炊飯器って、一人用の小さめのものを買っても意外と場所を取るんですよね。

 

我が家のキッチンは狭いので、炊飯器を常に設置しておけるスペースはありませんでした。

 

そもそも毎日使うものではない(まとめて炊いて冷凍しておきたい)ので、使わないときは非常に邪魔になるなぁと思ったんです。

 

なので、炊飯器は買いませんでした。

 

我が家でお米を炊くときには、ちびくろちゃんという道具を使って炊いています。

 

 

これが便利!

 

炊き方は洗ったお米と水を入れて、15分ほど吸水させたあと、レンジで所定の時間温めるだけ。

 

30分ほどで、最大2合までいっぺんに炊くことができます。

 

プラスチック製で片手に収まるくらいの大きさしかないので、使わないときは食器と一緒にしまっておくことができて全然邪魔にもなりません。

 

味はどうなの?と思うかもしれませんが、炊き上がりにちょっと蒸らせば、かなりふっくらとした炊き上がりになります。

 

冷凍保存もできます。冷凍保存して、解凍して食べても、普通に柔らかくておいしいです。

 

お米に細かいこだわりがある方にはおすすめできないかもしれませんが、普通に柔らかく炊けて食べられればいいよ!という人にはおすすめです。

 

その2  電気ポット

 

電気ポットも我が家にはありません。

 

理由は以下。

 

  • やかんで沸かした方が経済的
  • 保温しておくだけで電気代がそれなりにかかってしまう
  • やっぱり置く場所がない

 

炊飯器同様、やっぱり狭いキッチンスペースを有効活用しなければなりませんから、電気ポットを置いておける場所がありませんでした(^_^;)

 

また、電気代の面から見ても、一人暮らしの電気ポットは非常に非効率なんです。

 

一人の食事で一回にお茶を飲む量なんて、せいぜい急須一杯分くらいです。

 

それ以上のお湯を沸かして保温しておいても、次に飲むのは数時間後とかになりますし、その分の保温にかかる電気代が非常にもったいないです。

 

それならば、飲みたいと思ったときにその都度やかんでお湯を沸かした方が、経済的にはけっこうお得です。

 

enechange.jp

 

上記のページでは、電気ポットの年間でかかる電気代は6264円と書いてあります。

 

これを単純計算で12で割ると、1ヶ月では522円かかることになります。

 

ちなみに、わたしのこの4ヶ月(7〜10月)の電気代平均は2200円くらいなので、電気ポットだけで月500円以上かかるのはかかり過ぎですね。

 

「電気ポットを使わなくても、その分ガス代がかかるから変わらないんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、電気代よりもガス代の方が安くつきます

 

ただし、ガス代が安いのは都市ガスの場合のみで、プロパンガスは都市ガスに比べてかなり高いので注意してください。

 

お部屋探しの段階で、都市ガス利用の物件を探すようにすると良いと思います。

 

その3  ストーブ&こたつ

 

わたしは大の寒がりなので、暖房器具をどうするか、かなり悩んだのですが、結局、ストーブもこたつも購入はしないことにしました。

 

理由は以下。

 

  • ストーブは電気代がとにかく高い!
  • エアコンを上手に利用すれば、冬でも電気代月4000円以下に抑えられる
  • 購入せずに、レンタルこたつを利用することにした

 

ストーブって種類にもよるけど、基本的にやっぱり電気代かなり高いんですよね。

 

miratomo.jp

 

上記のページでは、暖房器具の電気代安い順ランキングが載っています。

 

電気あんかや湯たんぽなどの、体の一部分しか温められない小物暖房器具を除けば、こたつが実質1位ですね。

 

また、エアコンは単独でずっと使用すれば高くつきますが、こたつと組み合わせることで、安く使うことができます。

 

温度を低めに設定したり、タイマーなどで短時間だけ利用するようにすれば、ストーブに比べてかなり電気代を抑えることができます。

 

で、そのこたつなんですが、購入はしないので、レンタルすることにしました。

 

かして!どっとこむ 」は家電や家具のレンタルサービスを取り扱っています。

 

わたしは今回ここでこたつをレンタルしてみました。

 

中古こたつが、設置費込みの半年レンタルで約10000円

 

正直、長く使うことを考えれば買った方が安いんですが、シーズンが終わるとこたつは急に邪魔な存在になるので、使用後はまた引き取ってもらえるレンタルサービスに魅力を感じて利用しました。

 

もしこの冬こたつを使ってみて快適だと感じたら、来年以降こたつの購入も検討しようと思っています。

 

今年はとりあえずお試しですね。

 

 

ちなみにコラム

 

ストーブを使用せずに冬を暖かく過ごすための知恵として、カーテンと絨毯も重要です。

 

カーテンは遮光だけでなく、遮熱効果のあるものを選ぶことで、窓から熱が逃げるのを防いでくれます。

 

絨毯は、床へ熱が逃げるのを防ぎます。

 

足触りも良く、それだけで体感としての暖かさも上がり一石二鳥です。

 

 

 

まとめ

 

一人暮らしをしてみて、わたしが出した結論は、【家電はすべて揃える必要はない】ということですね。

 

自分の生活スタイル、特に月の予算に合わせて、本当に必要だと思うものを購入すればいいんじゃないでしょうか。

 

実際に自分の生活の様子を想像してみることが、必要・不要を見極めるポイントだと思いますので、ぜひやってみてください。