いまち月のハコニワ

発達障害&卵巣嚢腫と生きるアラサーガールブログ

【一人暮らし】家電別 量販店に買いに行く際の注意点まとめ

f:id:suikanoasobi:20200415232644j:plain

 

 こんにちは、いまちです。

 

手取り14万円でゆる一人暮らしを始めてもうすぐ1年。

 

すっかり今の生活に慣れてきました。

 

一人暮らしをするのに絶対に必要になる大事なものといえば、家電

 

わたしのゆる節約生活を支えてくれる、心強い家電たちと、買う時の注意点をまとめます!

 

 

大型家電量販店でまとめて購入するメリット

 

f:id:suikanoasobi:20200415232745j:plain

 

一人暮らしを始める際、わたしが家電を購入しに行ったのは、ヨドバシカメラです。

 

低収入なため、初期費用にもできるだけお金をかけたくない!と考え、どのようにすれば安く家電が手に入るかを調べまくりました。

 

そこでわたしが出した結論としては、「ネットで購入するよりも、家電量販店でまとめ買いする方がメリットが大きい」ということ。

 

理由は以下の3点。

 

 

 

  • ネットの安い家電は、型が古いものが多い

 

  • 届くまで実物を見ることができない

 

  • 量販店でまとめ買いすると、値引き交渉に応じてくれる場合が多い

 

 

ネットで買える家電は確かに安いものも多いのですが、それは型落ちしているため価格が下がったに過ぎない、要は「誰も買ってくれなかった売れ残り」ということです。

 

 人気のない商品というのは、やはり性能がイマイチだから売れ残っているということですから、よほど「どんな商品が来ても文句なく使うよ!」という人以外は、ちゃんと実物を見てチェックしながら購入する方がいいです。

 

わたしも、当初は「安いなら多少の型落ちも気にしない!」と思っていましたが、

 

安い型落ち品にこだわっていると、サイズ、新居での使用可否、家具や他の家電との兼ね合いなど、こちらの都合の良い製品が全然見つからないのです。

 

また、実物を見ながら実際に生活しているところを想像して買わないと、買い直しになってしまえばさらにお金や時間がかかり本末転倒になってしまいます。

 

ヨドバシカメラでは、すべての家電のことを熟知したコンシェルジュのようなスタッフが非常に丁寧に案内してくれ、

 

お買い得商品から、わたしの新居で利用可能かどうか、サイズ的に入るかどうかなどを、かなり的確に判断してくれました。

 

(後述しますが、洗濯機やガスコンロなどは、新居で使えるものかどうかをわたしのような素人が判断するのは非常に困難でした)

 

まとめ買いすることで値引き交渉もできますし、ポイントやキャンペーンなどを使って結果的に数万円分オトクに購入することができたので、量販店で買うメリットは大きかったと感じています。

 

一人暮らしを支えてくれる家電&買うときの注意点

 

f:id:suikanoasobi:20200415232832j:plain

 

わたしが現在、実際に使用中の家電を、使ってみた感想や、購入の際の注意点も交えてご紹介します。

 

冷蔵庫

 

 

東芝 GR-P17BS」を使用しています。

 

週末まとめて自炊をしていくつもりだったので、とにかく冷凍庫の大きさにはこだわりました。

 

冷蔵庫そのものの大きさは、一人なので150~200ℓの小さいサイズでいいと思っていました。

 

が、そうすると冷凍庫の大きさも小さくなってしまうのがやっかいでした。

 

冷凍庫が40ℓ以上で、なおかつ大き過ぎない冷蔵庫がほしいと思って探したところ、こちらが見つかりました。

 

冷凍庫が43ℓあり、3週間分のおかずを作り貯めてもまだ余裕があるくらいのサイズなので、自炊必須の節約生活に重宝しています。

 

また、キッチンの広さ的に、冷蔵庫の上に電子レンジを置くしかないと思っていたので、レンジを置いても使える137㎝という高さであることも良かったです。

 

購入の際のポイント
  • 冷蔵庫を置く場所のサイズを測っていく
  • 冷凍庫の容量を決めておく 

 

電子レンジ

 

 

Panasonic NE-MS235」を使用中。

 

ヨドバシのお兄さんが「このレンジがこんなに安いの見たことない」と驚いていて、じゃあそれならと買ってしまいました。

 

今この記事を書くにあたり調べてみると、たしかに原価よりわたしが買ったときの方が1万円以上安かったです。笑

 

レンジだけでなく、オーブンやトースターの機能が付いていて、使い勝手は抜群なので、気に入っています。

 

単身者は、電子レンジとしての機能だけ付いているレンジでも十分といいますが、わたしは料理が好きなので、オーブンとトースターもほしいと思っていましたから、非常に良いものが手に入ったと思っています。

 

一人暮らしでも、料理が好きな人にはオススメです!

 

逆に、機能がいっぱいあり過ぎて、料理好き以外には持て余すようなレンジだと思います。

 

購入の際のポイント
  • 電子レンジを置く場所があるかを確かめて置く
  • 必要な機能を決めておく 

 

ガスコンロ 

 

リンナイ RTE564BE」を使用しています。

 

上記の商品リンクは、同じ型番がなかったので類似品です。

 

家電と呼べるかはわかりませんが、後付けガスコンロもヨドバシで購入しました。

 

わたしが現在住んでいる部屋は家賃が4万円なのですが、4万円台でさがすと、ガスコンロが最初から付いているお家ってあまり見つからないんですよね。

 

わたしのお家も、ガスコンロだけは後から取り付けないといけない物件だったので買いに行ったのですが、総合的にはかなりの優良物件なのでとても住みよいです。

 

 

2口コンロなので、自炊生活にはかなり重宝します。

 

特に、電気ポットを買わなかったので、お湯を沸かすのに毎回やかんを使いますから、

 

コンロを片方使いながら、同時にお湯も沸かせるというのは非常にポイント高いですね。

 

ちなみにこのコンロ、単1電池を燃料にしています。

 

こまめに電池交換が必要なのかと思いましたが、引っ越してきてから1年近く経つ未だに一度も電池を換えたことがありません。

 

余談ですが…

 

ガスコンロを自分で取り付けたこと、あります?

 

わたしは、今回ガスコンロを後付けする必要があると知って、購入後にガス会社に取り付け依頼をするために電話をしたんです。

 

ところが、ガス会社からの返答は、

 

「取り付け依頼をお受けすることは可能ですが、出張費としてそれなりの料金がかかってしまいます。今はインターネットなどで検索していただければ、取り付けの動画などわかりやすいものが出てきますから、それを見てご自分で取り付けることをお勧めします。みなさん結構そうされてますよ。」

 

というもの。え、そうなの!?!?

 

ということで、言われた通り動画を観ながら、ひいひい言いつつ自力で付けましたよ、ガスコンロ。汗

 

後付けガスコンロを購入する場合、コンロ置き場の幅・奥行を測って行って、なるべくぴったりの大きさのものを購入するといいです。

 

また、ガス栓には「ホースエンド型」と「コンセント型」の2種類があるので、新居のガス栓がどちらの種類なのか、買いに行く前に必ず確認していって、店員さんに相談して購入してくださいね!

 

 

購入の際のポイント
  • コンロ置き場の幅・奥行を測っていく
  • ガス栓の種類を確かめていく 

 

洗濯機

 

 

「AQUA AQW-GS50G」を使用しています。

 

なるべく週1回の洗濯で済ませたかったので、大きめの洗濯機にしたかったのですが、場所の関係で5㎏の洗濯機になりました。

 

洗濯機を買いに行く際には、防水パン(洗濯機を置くためのプラスチック製の受け皿のようなもの)の幅・奥行だけでなく、防水パンから蛇口(止水栓)までの高さも絶対に測って行ってください!

 

 防水パンのサイズ的には大丈夫でも、止水栓までの高さによって入らなかったりしてしまうからです。

 

わたしは実際、止水栓までの高さがオーバーしたため7㎏の洗濯機を諦めました…。

 

また、防水パン自体にもさまざまな種類があるので、そちらも確認して行きましょう。

 

不安であれば、防水パンの写真を撮って行って、量販店で店員さんに見せながら相談すると安心です。

 

 

また、洗濯機の取り付けはほんとーーーうに大変そうなので、設置を業者にお願いしました。

 

量販店で買うと、面倒な家電の設置は業者に依頼できるので、そこも大きなメリットといえます。

 

ただし、ガスコンロは家電じゃないから依頼できない…らしい。

 

購入の際のポイント
  • 防水パンの幅・奥行・止水栓までの高さを測っておく

 

 テレビ

 

 

「S-cubism SCT-24C03SR」を使用しています。

 

上記の商品リンクは、同じ型番がなかったので類似品です。

 

S-cubismというメーカーを、正直初めて知ったのですが、とにかく安かったので購入。

 

24インチあれば十分だなぁと思っていたのですが、できればテレビは2万円以内でほしいなと。

 

誰でも知っているような有名メーカーのテレビは、小さくてもやはりそれなりのお値段がしましたので、知らないメーカーでしたがこちらに決めました。

 

店員さんに違いを尋ねたところ、画質が多少劣るとのことでしたが、1年近く観ていて「画質汚いなぁ」と感じたことは特にありません。

 

唯一不便があったのは、友人がWiiを持って遊びに来たときに、接続部分が対応していなくて遊べなかったことくらいですかね…笑

 

録画機器やゲーム機など、自分がすでに持っていて使いたいものがある場合は、それらに対応しているかどうかもよく確認してから買いましょう。

 

ちなみに、PS4は問題なく接続できています!

 

購入の際のポイント
  • 手持ちの録画機器やゲーム機に対応しているかどうか確認する

 

ドライヤー

 

 

テスコム TID451」を使用中。

 

こちらのドライヤーは、他の洗濯機などの家電を買ったときのポイントで買えてしまいました。

 

なので、実質タダです。笑

 

量販店で購入するメリットは、値引き交渉やキャンペーンなどで安くなる他に、ポイントが貯まることです。

 

いくつかの家電のまとめ買いをすると、それだけポイントもまとまって手に入りますから、貯まったポイントだけで別の商品を購入することなんかもできちゃうわけです!

 

ヨドバシカメラでは、家電以外にも生活用品やおもちゃなども売っていますから、上手く使えばポイントでほしいものが手に入りますね!

 

なお、ドライヤー自体は、どこにでもある普通のイオンドライヤーです。笑

 

 ちゃんと乾きます。(それ以外は特にない)

 

 なくても困らないから買ってない家電

 

f:id:suikanoasobi:20200415232913j:plain

 

最後に、なくても困らなさそうだったので買っていない家電も紹介しておきます。

 

家電、なんでもかんでもは買わなくて大丈夫ですよ。

 

炊飯器

 

炊飯器は買いませんでした。

 

理由は以下。

 

  • 炊飯器じゃなくてもお米を炊く手段はある
  • そもそも置く場所がない

 

炊飯器って、一人用の小さめのものを買っても意外と場所を取るんですよね。

 

我が家のキッチンは狭いので、炊飯器を常に設置しておけるスペースはありませんでした。

 

そもそも毎日使うものではない(まとめて炊いて冷凍しておきたい)ので、使わないときは非常に邪魔になるなぁと思ったんです。

 

なので、炊飯器は買いませんでした。

 

我が家でお米を炊くときには、ちびくろちゃんという道具を使って炊いています。

 

 

これが便利!

 

炊き方は洗ったお米と水を入れて、15分ほど吸水させたあと、レンジで所定の時間温めるだけ。

 

30分ほどで、最大2合までいっぺんに炊くことができます。

 

プラスチック製で片手に収まるくらいの大きさしかないので、使わないときは食器と一緒にしまっておくことができて全然邪魔にもなりません。

 

味はどうなの?と思うかもしれませんが、炊き上がりにちょっと蒸らせば、かなりふっくらとした炊き上がりになります。

 

冷凍保存もできます。冷凍保存して、解凍して食べても、普通に柔らかくておいしいです。

 

お米に細かいこだわりがある方にはおすすめできないかもしれませんが、普通に柔らかく炊けて食べられればいいよ!という人にはおすすめです。

 

電気ポット

 

電気ポットも我が家にはありません。

 

理由は以下。

 

  • やかんで沸かした方が経済的
  • 保温しておくだけで電気代がそれなりにかかってしまう
  • やっぱり置く場所がない

 

炊飯器同様、やっぱり狭いキッチンスペースを有効活用しなければなりませんから、電気ポットを置いておける場所がありませんでした(^_^;)

 

また、電気代の面から見ても、一人暮らしの電気ポットは非常に非効率なんです。

 

一人の食事で一回にお茶を飲む量なんて、せいぜい急須一杯分くらいです。

 

それ以上のお湯を沸かして保温しておいても、次に飲むのは数時間後とかになりますし、その分の保温にかかる電気代が非常にもったいないです。

 

それならば、飲みたいと思ったときにその都度やかんでお湯を沸かした方が、経済的にはけっこうお得です。

 

 

上記のページでは、電気ポットの年間でかかる電気代は6264円と書いてあります。

 

これを単純計算で12で割ると、1ヶ月では522円かかることになります。

 

ちなみに、わたしのこの1年の電気代平均は2500円くらいなので、電気ポットだけで月500円以上かかるのはかかり過ぎですね。

 

「電気ポットを使わなくても、その分ガス代がかかるから変わらないんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、電気代よりもガス代の方が安くつきます

 

ただし、ガス代が安いのは都市ガスの場合のみで、プロパンガスは都市ガスに比べてかなり高いので注意してください。

 

お部屋探しの段階で、都市ガス利用の物件を探すようにすると良いと思います。

 

 

まとめ:準備を万全にして賢いお買い物を!

 

f:id:suikanoasobi:20200415232951j:plain

 

家電はどうしても額の大きなお買い物になってしまうので、何も考えずにふらりと買いに行くのはとても危険。

 

サイズや機能など、まったくの下調べなし・イメージなしで購入してしまうと、「こんなはずじゃなかった!」とのちのち後悔することになるかもしれません。

 

しっかり準備をして、量販店を賢く使って家電をそろえましょう。

 

ただし、一人暮らしをしてみてわたしが出した結論は、【家電はすべてをそろえる必要はない】ということですね。

 

自分の生活スタイル、特に月の予算に合わせて、本当に必要だと思うものを購入すればいいんじゃないでしょうか。

 

実際に自分の生活の様子を想像してみることが、必要・不要を見極めるポイントだと思いますので、ぜひやってみてください。