いまち月のハコニワ

発達障害&卵巣嚢腫と生きるアラサーガールブログ

手取り14万円で一人暮らしをゆたかに。毎月の家計簿を大公開!

f:id:suikanoasobi:20200411175636j:plain

 

こんにちは、いまちです。

 

2019年の7月から一人暮らしを始めました。

 

非常勤保育士として働き、月収は手取り14万円ほど。

 

一人暮らしを始める前は、「この収入で一人暮らしなんてできるかな…?」と不安もありましたが、やってみると案外快適に暮らせています。

 

毎月のお金の流れをちゃんと把握して管理すれば、14万円でも気持ちよく楽しく暮らせるとわかりました。

 

なので今回は、わたしの毎月のだいたいの家計簿を公開しちゃいます。

 

 

初公開!14万円生活の家計簿はこんな感じ

 

f:id:suikanoasobi:20200411175950j:plain

 

毎月のざっくりとした平均的な家計簿です!

 

14万円より収入が多い月・少ない月もあるので、あくまで平均ですが、だいたいこの範囲で暮らしています。

 

家賃 40000円
光熱費 8000円
食費 20000円
通信費 8000円
医療費 6000円
定期代 5000円
美容院費 3000円
Pay Pay費 5000円
   
自由費 30000円
旅行費 5000円
   
貯金 10000円
   
140000円

 

収入が少ないからといって、あまりにキツキツな生活を送ってしまうと、気持ちが荒んで一人暮らしが続きません。

 

なので、あくまでゆるーい節約を心掛けて、楽しくゆたかに暮らしていくことを目指しています。

 

以下、それぞれの項目について説明するよ!

 

項目ごとの家計簿紹介

 

f:id:suikanoasobi:20200411175722j:plain

 

何故この額?という項目もあると思うので、順番に説明します。

 

家賃

 

家賃は本当に大事なので、家探しの際めちゃめちゃ考え抜きました。

 

固定費なので毎月同じ額だけかかってしまいますから、なるべく安く…でも、安すぎて汚い不便な家にならないように、というせめぎ合いの中、家を探しました。

 

そして見つけたのが、家賃月4万円の現在の家

 

1Kで決して広くはないですが、自分の中の譲れないこだわりをすべてクリアしているお家なので、とても気に入っています。

 

お部屋を決める際にこだわったポイントについては、「月14万で一人暮らし、お部屋選びでこだわったポイントまとめ!」で全部まとめてあるので、参考までに。

 

 

なるべく毎月安く、なおかつ快適に過ごすためのポイントが詰まっているので、ぜひ♪

 

光熱費

 

こちらは、半分固定費ですが、季節によって変動もする項目になります。

 

わたしの場合、水道・ガス・電気代を合わせて、8000円分を毎月引き落とし口座に入れています。

 

給料の振り込み口座と、光熱費や家賃の引き落とし口座を同じ口座にまとめてあるので、

 

毎月お給料が振り込まれたら、光熱費と家賃の分48000円を口座に残し、残りの92000円を引き出して使っています。

 

光熱費はだいたい春~秋にかけては7000円までに収まるのですが、寒がりなので真冬は7000円をオーバーしてしまいます。

 

なので、毎月8000円と多めにとってはいますが、大抵少し余るので、それらはそのまま貯金に回しています。

 

ちなみに、ガスはニチガス、電気は関西電力の「はぴeみる電」を利用しています。

 

関西電力の「はぴeみる電」は、日々の電気使用量が、スマホやPCから毎日簡単にチェックできるので、「昨日は使いすぎたかな?」とこまめにチェックして節電できるのでとても便利です!

 

食費

 

食費は一か月20000円に予算を設定しています。

 

が、自炊を頑張っているので、大体月10000円くらいまでで収まることがほとんどです。

 

ちなみに、保育士なので、平日のお昼ご飯は給食を食べております。月5000円くらい。

 

自炊費10000円+給食費5000円で、予備の5000円は余ったら貯金したり、他の項目が足りなかった時の補充用などに使ったりもしています。

 

通信費

 

ポケットWiFi通信代+携帯電話通信代で、月8000円。

 

ポケットWiFiは、データ量制限なしのWiMAX2+を利用しています。月額約5000円。

 

携帯電話通信代は、引っ越しで家電を買うと同時に機種変し、auになりました。毎月3000円以内。

 

機種変更の際にauにしなければならなくて、約1年の縛りがあったのですが、それが解け次第、楽天モバイルなどの格安SIMに乗り換える予定です。

 

医療費

 

月6000円の医療費は高いと思われるかもしれません。

 

が、卵巣嚢腫子宮内膜症)の再発予防治療中なので、定期的に通院が必要なんです。

 

なので、これも必要経費。

 

 

定期代

 

職場まで電車移動なので、定期券を買っています。

 

数駅分なので、そんなに高くありません。月換算で5000円ほど。

 

職場から交通費として支給されています。

 

美容院費

 

基本的にロングヘアなので、そんなにこまめにカットに行ったりはしていません。

 

月3000円ずつ貯めておいて、数か月にいっぺんパーマをかけに行ったりしています。

 

PayPay費

 

キャッシュレス決済、活用しています!

 

使っているのはPayPayと楽天Payの2種。使えるお店によって使い分ける感じです。

 

楽天ポイントを貯めたい派なので、楽天Payの方を優先的に使うようにしていますが、使えるお店がまだ少ないため、その場合はPayPayに。

 

予算を5000円と決め、月初めに2000円と3000円に分けて楽天PayとPayPay両方にぽーんとチャージしています。

 

使い道は、大半がトイレットペーパーや洗剤などの日用品、さらに化粧品類。

 

あとは、出先のコンビニでちょっとした買い物をする時などにも使います。

 

月5000円が丁度良い金額みたいです。

 

自由費

 

自分で自由に、好きなことに使えるお金です。

 

「え、多くない??」と思われるかもしれませんが、友人との交際費、外食費、通勤以外の交通費、趣味の書籍や雑貨費、ファッション費などをすべてこの30000円から賄っています。余ったら貯金です。

 

が、むしろ30000円をはみ出ることもあり、その場合は食費の余りから補填しています。

 

友人宅に行くので手土産を買ったり、家族・知人の誕生日プレゼントや父の日母の日の贈り物などを購入した月は、奮発するので結構はみ出ます。

 

また、知人の結婚式にお呼ばれした時のご祝儀代もここから出すので、式のある数か月前から少しずつ貯めておいてご祝儀代を包む、などもしています。そういう月もはみ出ます。

 

何かに向けて、数か月かけてお金を貯めておく、ということも多いよ!

 

ディズニーランドに行くなど、お金のかかるイベントも、数か月前から予定を立て、それに向けて少しずつお金を貯めることで楽しんでいます。

 

なので、「来週の日曜日にディズニー行こうよ!」というような、急なお金のかかるお誘いは断るようにしています。

 

旅行費

 

年に一度は旅行に行きたいので、毎月少しずつ旅行貯金をしています。

 

旅行貯金専用の銀行口座を持っているので、そこに入れて貯金。

 

ひと目で残額がわかるので、「今年の旅行はいくらまで使えるかな?どこなら行けるかな?」と考えて旅先を決めるのも楽しいです。

 

貯金

 

純粋な貯金額です。

 

少しずつですが、確実に貯金できるように、貯金専用の銀行口座を作っています。

 

ちなみに、わたしは銀行口座を4つも持っています。

 

給料振込&固定費支払用、旅行貯金用、純粋な貯金用、そしてクレジットカード支払い専用口座です。

 

クレジットカード支払いは、カードの使い過ぎ予防のために、専用口座を分けています。

 

給料振込口座と同じでも不自由はないのですが、楽天カード楽天銀行をセットで使うために、カード専用口座としています。

 

まとめ:ゆる節約で、楽しいスローライフを♪

 

f:id:suikanoasobi:20200411180039j:plain

 

月収14万円はどう考えても低所得層なので、一人暮らししたらもっとカツカツになるかな、と思っていたのですが、

 

きちんとお金の使い道を把握して管理すれば、意外と快適な生活が送れるものです。

 

もちろん使い過ぎには気を付けていますが、

 

「今月はもやしのおかずばっかり…」

「シャワー5分以内に入らなきゃ…」

「使ってないコンセント、冷蔵庫以外常に全部抜く…」

 

といったような、過度な無理のある節約はまったくしていません。

 

むしろタンドリーチキンやピクルスを作ったり、毎日浴槽のお湯に浸かったり、スマホで音楽をかけながらPC作業したり、めちゃめちゃゆったりと生活しています。

 

もちろん大変なこともありますが、基本的にはとても楽しい一人暮らしなので、一歩踏み出して気ままなスローライフを手に入れてくださいね♪