限度額適用認定証って何?医療費がぐんと安くなる 知らなきゃ損する制度!

f:id:suikanoasobi:20181205161539p:plain

 

こんにちは、いまちです。

 

わたしはこの度、チョコレート嚢胞(子宮内膜症からくる卵巣腫瘍)で手術を受けました。

 

手術や入院にあたって、一番の悩みになるのがその費用。

 

入院はしなきゃだけど、何十万もかかったらどうしよう…?と、わたしも今回けっこう悩んだのですが…

 

実は、限度額適用認定証というものがあると、それだけで病院での支払い額がかなり安くなるのです!

 

わたしも今回、手術前に入手しておいたところ、実際に医療費がかなり安く抑えられてとても助かりました!

 

この限度額適用認定証は、入院などで治療費がいくらかかったとしても、ある一定の金額(収入によって異なります)までしか払わずに済みますよ!というすごいものなんです。

 

ただ、この便利な制度を知らない方が多いみたいで非常にもったいない!

 

ということで、今回は限度額適用認定証について、取得方法や注意点などをまとめました。

 

限度額適用認定証って何?

 

f:id:suikanoasobi:20181205162308j:image

 

健康保険には、病気やケガ等で高額の医療費がかかってしまう時のために、「高額療養費制度」という制度があります。

 

これは、ひと月の医療負担額が一定額を超えると、その超えた分の金額が支給されるという制度です。

 

つまり、病院で高額の医療費を払ってしまった場合、申請をすれば払い戻しを受けられるってこと!

でも、払い戻し手続きをしても、返金までには時間がかかるよな?

そう、申請してから数ヶ月先になったりするみたい...。それまでお金は戻ってこないのよね。

それに、あとで返金されるってわかってるお金なら、最初から払わずに済めばいいのにな。

うん、だからそういう時のための制度が、限度額適用認定証なのだ!

 

入院や手術が決まっているなど、事前に医療費が高額になるとわかっているなら、ぜひとも限度額適用認定証を取得しましょう。

 

病院での支払い時に提示することで、自己負担額を超える分の料金を払わずに済んじゃうんです!

 

払い戻しの申請をする手間が省けるので、超オススメなんだよ!

 

どうやって取得するの?

 

限度額適用認定証の申請窓口は、加入している保険の種類によって異なります

 

まずは保険証を見るなどして、あなたの加入している健康保険の種類を確かめましょう。

 

国民健康保険の場合

あなたが住んでいる市区町村の国民健康保険の窓口へ申請します。

まずは区役所等の相談窓口へ行きましょう。

 

全国健康保険協会協会けんぽ)の場合

協会の各都道府県支部に申請します。

まずはご自身の職場の担当部署(労務など)で相談すると良いでしょう。

 

健康保険組合の場合

各組合が窓口になります。組合ごとに書式等が異なります。

まずはご自身の職場の担当部署(労務など)で相談すると良いでしょう。

 

まずは自分の職場の担当部署や相談窓口で、「限度額適用認定証を申請したいのですが」と相談してみてくれ!

いまちは職場に申請してから認定証が届くまで、1週間くらいだったよ!

 

自己負担限度額っていくら?

 

自己負担額の上限は、収入によって変わります。

 

まずはご自身の保険が健保なのか国保なのかを確かめましょう。

保険の種類によって、以下の表に照らし合わせてください。

 

●健保(協会けんぽ健康保険組合)の場合

健保の方は、月額所得をもとに計算されます。

以下の表を参照ください。 

 

f:id:suikanoasobi:20181127131602j:image

 

国民健康保険の場合

国保の方は、年間所得をもとに計算されます。

以下の表を参照ください。

 

f:id:suikanoasobi:20181127131744j:image

 

※上記の表は、いずれも70歳未満の方が対象です。70歳以上の方は、計算方法が異なります。

 

限度額適用認定証の注意点

 

限度額適用認定証を利用する上では、いくつか注意点があります。

 

●適用される範囲

  • 健康保険適用となる医療費のみ
  • 2院以上の病院に同時にかかっている場合、病院ごとの計算
  • 同じ病院でも、外来・入院・医科・歯科ごとに別計算
  • 入院中の差額ベッド代や食事費用は適用外

 

●返却が必要

以下の場合には、取得した認定証を返却する必要があります。

  • 退職したとき
  • 使用しなくなったとき
  • 有効期限に達したとき

 

まとめ

 

医療費がものすごく抑えられるのに、知らない人が多い「限度額適用認定証」。

 

今回、わたし自身入院の際に使用したのですが、実にケタが変わるくらい安く抑えられてとても驚きました!

 

これから高額な医療費がかかることがわかっている場合には、ぜひとも取得しておきたいですね!