映画『未来のミライ』感想 つまらないって本当??

未来のミライ

こんにちは。いまちです。

 

公開中の映画『未来のミライ』を観て参りました。

 

同映画は細田守監督の最新作、しかも4歳の男の子が主人公ということで、保育園で働く身としてはどうしても観たい観なければ!と思っておりました。

 

鑑賞後の感想と印象 子どもの姿のみずみずしさよ!(ネタバレほぼなし)

 

くんちゃんとミライちゃん

さて、巷ではこの『未来のミライ』(以降『ミライ』)は賛否両論だそうで、

 

「よかった」という人もいれば、「つまんなかった」という人もいるらしく…

 

人によっていろいろな感想が湧くのは当たり前なので、双方の意見を否定するわけではないよと前置きした上で、わたし自身は、断然「よかった」派です。

 

子どもがリアル。実にリアル。

 特に主人公4歳のくんちゃん。彼の描写、セリフ、行動パターン等、まさに4歳男児のそれで、細田監督の観察眼の鋭さに痺れた。

 もう、子どもあるあるてんこ盛り。

 

保育関係の仕事の人とか、今現在子育て中のママパパとかから、そうそう!子どもってそうだよね!の共感の声が嵐のように響いてきそうだった。

 

しかしまあ、逆をいえば、別にそこまで子どもとか好きくない、純粋におもしろいエンタメ映画を観たいって人には、わたしはこの映画をおすすめはしません

 だって、場面のけっこうな部分がくんちゃんがぐずったり泣いたりしているシーンだから。

 それを見て、「うるさい!ずっと泣いてばっかりで面白くない!ストーリーぜんぜん進まないじゃん!」って思う人はいると思う。

 

でもまさにその通りで、描写的にはくんちゃんが泣いたり、遊んだり、両親にわがままこねたりしてるシーンが大半で、エキサイティングなストーリー展開とかは皆無なので、そういうのを期待してこの映画を観ない方がいいと思う。

 

端的にいってしまえば、『ミライ』のストーリーは、

 

妹が生まれて兄になったくんちゃんが、嫉妬や哀しみや寂しさなどで泣いたり喚いたりしながら、未来から来たミライちゃんらさまざまなキャラクターに導かれて少しずつ成長していく

 

ということを、幼稚園児のくんちゃんの目線で描いた作品なのです。

 

わたしは高校生の妹と一緒にこれを見に行ったんですが、妹は正直ぴんときてないみたいでした。学生さんとかには特に、あまり響くものがないのかも。

 もし、これから観に行くよ!観に行くかどうか迷ってる!って人は、あまりストーリーに期待をし過ぎない方がいいのかも。

 

観終わった後の印象としては、ジブリの『崖の上のポニョ』を初めて観たときの感じに近かった。

 なので、『ポニョ』より断然『千と千尋の神隠し』や『天空の城ラピュタ』なんかの方が好き!って人は、正直うーん…って感じかもしれません。

 

(ちなみに、わたしのいちばん好きなジブリ映画は『崖の上のポニョ』です。

 そういう意味で、わたしにはどんぴしゃな映画なのでした。)

 

おもしろい・つまらないでは語り切れないこの作品の魅力(ネタバレあり)

くんちゃん

さて、ここからは映画の内容に照らし合わせて書きたいと思います。

 鑑賞前で、ネタバレなしで観たい方は、ここから先は読まないでくださいね。

 

おもしろい・つまらないでは語れないこの作品の魅力といいましたが、わたしは『ミライ』の素晴らしいところは、細田監督の子どもを見る力だと思いました。

 

くんちゃんのディティールには正直舌を巻きました。

 ママのことはいつでも好きなのに、パパのことは都合のいいときだけ好きでその他のときは「好きくない」子ども。

 くすぐられると身を捩って嫌がるくせに、本当はくすぐられるのが大好きで、「もう一回やって」とせがむ子ども。

 どうしていいかわからないと、もじもじして服に不自然なしわを作りながらたたずむ子ども。

 

どうしたらそんなにリアルな子どもの姿を描けるんですか!?と監督の首根っこをひっつかんで揺すりたくなるくらい、あまりにも等身大の子どもを表しているくんちゃんは、実際に存在している4歳児のように生き生きとしていました。

 細田監督の観察眼、恐るべし。

 

しかし、すごいのはそこだけではありません。

 劇中、何度も「不思議」という言葉が出てきます。

 細田監督はこの作品をつくる上で、この「不思議」という感覚をとても大切にしていたのではないかなと思います。

 

4歳のくんちゃんから見て、世界は不思議でいっぱいです。

 雪が降る不思議や、小さな妹を初めて目にした不思議。

 不思議、不思議、とくんちゃんは何度もいっています。

 

けれど、監督がこの作品で描きたかった不思議とは、子どもから見た世界の不思議さだけでなく、われわれ大人から見た、子どもという存在そのものが不思議な存在である、ということではないか、と思うのです。

 

作中でお母さんがいったセリフに、こんなのがありました。

 「おかしいわよね、頑固なくせに、切り替えだけは速いんだから」(一回観ただけなので正確ではありません、ご了承ください)

 

また、お父さんのセリフにはこんなのがありました。

 「子どもって不思議だな。今までできなかったことが、突然できるようになるんだから」(これも正確ではありませんがお許しを)

 

子どもって、本当に不思議なのです。

 さっきまで泣いて怒っていたのに、ふと見たらけろりとした顔で遊んでいたり、

 絶対食べない!っていっていた野菜を、急にやっぱり食べるんだ!っていいだしたり。

 ほんの短いあいだの、その変化の前後で、その子の中で一体何が起こっているのだろうと、実に不思議に思います。

 大人からしてみたら、外側から見たら、何もわからないけれど、その子の中で確実に「何か」が起こっている。

 

ミライちゃん好きくない!と怒って中庭に出ていったのに、なぜだかニコニコ顔で戻って来るくんちゃん。

 自転車に乗れなくて、自転車嫌い!と泣いていたのに、いつの間にかやっぱり乗る、練習する、と決心しているくんちゃん。

 そのあいだで、彼の中で「何か」が起こっている。

 

「何か」ってなんだろう?

 

あ、もしかしたら、擬人化した犬のユッコと遊んでいるうちに、気持ちを立て直したのかもしれない。

 あ、もしかしたら、ひいじいじのところにタイムスリップして、乗り物に乗るときのコツみたいなものを教えてもらえたのかもしれない。

 

そんなふうに想像し、くんちゃんの内面世界を描こうとした結果が、『ミライ』というお話になったのではないでしょうか。

 

変わった家族のかたちを描くのは、細田監督の十八番で、彼の得意分野とはいえ、幼児の外側と内側とをこれだけ生き生きと描くためには、どれだけ想像力の引き出しを開けたのだろうと考えるとすさまじい創作力です。

 

そう、この映画は、未来のミライちゃんたちとの不思議な小冒険映画を通じて、子どもの内面世界という本来可視化し得ないものを疑似体験することのできる作品なのです。(それだけではないでしょうが)

 なかなかロマンチックな作品だと思いません?笑

 

ちなみに、細田監督は自分が父親になってみてこういう作品を作ってみたくなった、と朝日新聞のインタビューか何かで言っていましたが、

子育ての苦労や葛藤という面でも実にリアルに描かれていて、くんちゃん、ミライちゃん、お父さんとお母さん、家族みんなが一緒に家族として成長していく過程も、もちろん大きな見どころだと思います。

 

ずーっと、もう本当にずーっと泣いてばかりのくんちゃんを見せられてると、

 子育てって甘くないんだろうなあ…と思わされます。

 実際、子どもなんて本当に泣いてばっかりですしね。

 

でも、だからおもしろいっていうか、泣いてばっかりでわがままで自分勝手で、本当に本当に手のかかるものだけど、気がつくとなにかがちょっと変化したり、成長している。

 それが、不思議でおもしろい。子どもって、つくづくおもしろい。そう思います。

 

ぜひ、くんちゃんくらいの4~6歳くらいのお子さんのいる方は、親子で一緒に観てほしいと思います。(それくらいの子なら十分理解できて楽しめる内容ですし、きっとそうできるようにストーリーが抑えて作られているのでは?と思います)

 

きっと素敵なスキンシップになることでしょう。