いまち月のハコニワ

発達障害&卵巣嚢腫と生きるアラサーガールブログ

【台湾】台北から30分!温泉地・新北投の「瀧乃湯」で酸性温泉に挑戦!

こんにちは、いまちです。

 

3度目の台湾旅行へ行ってきました!

 

メインの宿泊地は台北ですが、今回は台北から少し足を延ばし、台湾北部の温泉地・新北投(シンペイトウ)へ行ってまいりました!

 

渋~い場所なので、初めての台湾観光には向かないかもしれませんが、何回か台湾に来ていてちょっと違う場所に行きたいよ!という人には素敵なところです!

 

ということで、新北投をレポートします!

 

台北からMRTで約30分で行ける有名温泉地

 

新北投は、台湾国内では有名な温泉地です。実際、現地の方も湯治のために通われていると言っていました。

 

ちょっとリッチな場所、というイメージのある場所らしく、たしかに高級旅館などがけっこうたくさんありました。

 

が、リーズナブルな値段で入れる日帰り温泉もあるので、わたしは今回そちらをお目当てにして行ってきました!

 

f:id:suikanoasobi:20191001150602j:image

 

行き方としては、台北駅から淡水信義線で北上し、北投駅で下車。

 

f:id:suikanoasobi:20191001150626j:image

 

新北投線に乗り換えて一駅。新北投駅に到着です。

 

f:id:suikanoasobi:20191001150740j:image

 

↑新北投駅行きの、北投駅の時刻表。昼間は約10分おきくらいに電車が来るようです。

 

f:id:suikanoasobi:20191001150849j:image

 

新北投駅で降りたら、改札を出て右方向へ。緑が豊かな公園の方へ、横断歩道を渡って行ってください。

 

f:id:suikanoasobi:20191001150915j:image

 

こちらの公園は北投公園です。温泉地の真っただ中にあるのびのびとした公園ですので、ついでに散策もしました。

 

f:id:suikanoasobi:20191001150938j:image

 

公園内にある図書館(台北市立図書館北投分館)は、かつてアメリカCNNが選ぶ世界の美しい図書館ランキングにランクインしたという建物。

 

わたしが行った日は残念ながら休館日だったのですが、外観だけでも本当に美しくて写真映えする場所だなぁと思いました。

 

次は開いている日に行って内装も見てみたいなぁ。

 

f:id:suikanoasobi:20191001151011j:image

 

さて、わたしの今回の目的地は、「瀧乃湯」という日帰り温泉です!写真の地図では右端の方。

 

台湾で入れる日本スタイルな銭湯・瀧乃湯

 

f:id:suikanoasobi:20191001151042j:image

 

瀧乃湯は、台湾の温泉の中では珍しく素っ裸で入ることのできる温泉です。笑

台湾の温泉は、多くが水着を着ないと入れません。裸でお風呂に入りたい日本人には嬉しい温泉ということです。)

 

瀧乃湯以外の台湾ローカルな温泉に挑戦したい!という方は、水着を持参して行ってくださいね。

 

f:id:suikanoasobi:20191001151112j:image

 

受付で入湯料150元を支払い、説明を受けます。

 

ここのお湯の泉質は青イオウ泉。特徴としては、酸性がかなり強く、肌荒れを防ぐために5分以上続けて入ってはいけないということ。

 

5分入ったら、必ず間に小休憩をはさみ、休憩したらまた次の5分、という感じで入る温泉なんだそうです。ひええ。

 

f:id:suikanoasobi:20191001151149j:image

 

脱衣所はせまいですが、ちゃんと鍵のかかるロッカーがあるので安心して入れます。

 

タオルの貸し出しはないので、自分で持って行く必要があります。(購入することはできます)

 

洗い場は一応あります。でも、がっつり頭や顔を洗う感じではなさそうでしたし、現地の方も軽く体を流す程度でしたので、そのくらいのつもりで。

 

わたしが入った女湯は、浴槽が2つに分かれていて、大きな方の浴槽の湯はあつ~いお湯で、わたしはとても入れませんでした。たしか、45度くらいだったか…?

 

小さい方の浴槽の湯は40度くらいで入りやすかったので、わたしはこっちに入っていました。

 

現地の人たちはちゃんと小休憩をはさみながら入っていました。

 

わたしたちもそれに倣って休憩をはさみつつ何度か入りましたが、熱くなってきたのでけっこう早めに切り上げました。笑

 

それでも、お風呂上がりは風が気持ちいい~。

 

 駅で日本語パンフレットももらえるよ!

 

f:id:suikanoasobi:20191001151221j:image

 

新北投が初めてな日本人向けに、新北投駅の観光窓口で日本語パンフレットをもらえます!

 

温泉地の地図の他、北投エリアの観光スポットの情報も載っているので、初めての人は要チェックです!