【台南・高雄 2018】2泊3日 ディープな街で行き当たりばったり女子旅②

你好!いまちです。

 

前回の【台南・高雄 2018】2泊3日 ディープな街で行き当たりばったり女子旅①に引き続き、台南・高雄旅行の様子を書いていきたいと思います。

今回は二日目!いよいよ歴史ある街、台南へ行きます!

 

 

台南、大天后宮へ

ホテルある美麗島駅からMRT紅線で左営駅へ。

左営駅は同じ構内で在来線の新左営駅とつながっているため、在来線の台鐵で台南駅へと向かいます。

 

f:id:suikanoasobi:20180916214143j:plain

台南は高雄よりも北にあるため、乗る列車は2番線です。「北上」と書いてあるのでわかります。

 

f:id:suikanoasobi:20180916214209j:plain

乗った列車は自強号といって、日本の列車でいう特急のようなもの。

席は指定席になっていて本来は追加料金がかかるようなのですが、どうやら指定席料金を払わずに乗れてしまうようでした。

それは、通常の料金で乗った人でも、席が空いていたら座っても大丈夫で、ただしその席の指定席券をもっている人が現れたらその人に譲らなくてはならない、というルール。非常にゆるーい、台南らしいローカルルールだと思いました。

 

f:id:suikanoasobi:20180916214229j:plain

台南駅に到着。台南は「臺南」とも表記し、台南駅は「台南火車」と表すことも。覚えておくと混乱しません。

 

台南市内はバス路線が発達していて、移動はバスが便利。

駅を出て目の前の階段を降り、地下通路を通って道路の反対側へ。さらに横断歩道を渡ると、バスロータリーのような場所に着きます。

 

f:id:suikanoasobi:20180916214257j:plain

 

この日、まずは台南のパワースポット大天后宮へ。

バスロータリーから、3番、5番、88番のどれかのバスに乗り、「赤崁楼」バス停で下車。バスも新幹線同様、「次は赤崁楼」のような表示が全然でないので、アナウンスを聞き逃さぬよう。

 

f:id:suikanoasobi:20180916214317j:plain

赤崁楼はオランダ統治時代の城郭で、見学することもできます。

入場料が50元(約200円)かかります。一応、チケットを購入して見学してみましたが、正直あまり見どころみたいなものもなく、広くもないため、城郭マニアみたいな人でない限りは面白くはないかも…。ぶっちゃけ、入らなくても全然後悔しません。

 

さて、赤崁楼を出て大天后宮へ向かいます。赤崁楼を背に道路を渡ります。

 

f:id:suikanoasobi:20180916214342j:plain

「祀典武廟」と書いた石碑があるので、その脇の道をまっすぐ

 

f:id:suikanoasobi:20180916214417j:plain

祀典武廟も、台南では人気のパワースポットで、恋愛の神様である月下老人が祀られている場所です。地元の参拝者が訪れて、お参りをしていました。

台湾の人々は信心深いんだなあと思いました。

お参りしたかったんですが、ここはものすごくローカルな空気が強くて、ちょっと勇気が出なかったので断念。

 

f:id:suikanoasobi:20180916214436j:plain

祀典武廟の脇の細い道をそのまままっすぐ進んでいくと、大天后宮にすぐたどり着きました。ここでお参り&おみくじをやるぞう!

 

f:id:suikanoasobi:20180916214456j:plain

入り口右手にある売り場にて、お供え用のお菓子を購入。1セット100元でした。

しかし、手順がわからなさ過ぎて、現地の人のあとについて真似をしてお参りすることに。

 

f:id:suikanoasobi:20180916214520j:plain

まずお菓子セットを正面の台にお供えし、お菓子に付いてきたお線香に、着火台で火を付けます。コンロみたいなつまみがついていて、回すと上の筒から火が出る。

 

f:id:suikanoasobi:20180916214537j:plain

参拝の順路は、ボードで説明が出ていました。どうやら、1~8まで順番にお祈りしていったあと、その都度香炉にお線香をさしていくよう。

現地の方を見ている限り、ぺこぺこと頭を下げながら、お線香を頭上に3回掲げてお祈りするのがスタイル。そしてそのあと、それぞれの香炉にお線香をさしていきます。

最初の1と2の場所だけ3本ずつさして、4~8では1本ずつさしていました。

 

f:id:suikanoasobi:20180916214557j:plain

月下老人のいる5番の場所。恋愛のお願いはここで。

 

本当は最後にお菓子を供えたところに金紙を取りに戻って、出口付近の金壚で火にくべないといけなかったようですが、おみくじに夢中で忘れました…

 

f:id:suikanoasobi:20180916214714j:plain

しかしおみくじを引くも、すべて漢字でよくわからない…まあそうですよね。

 

f:id:suikanoasobi:20180916215011j:plain

 

受付みたいなところで、お姉さんが番号の解釈本みたいなものを見せてくれました。中国語ですが…

とりあえず写真に収めたので、あとでゆっくりGoogle先生のお力をお借りして翻訳したいと思います!

 

林百貨でショッピング!

再びバスに乗り、林百貨へ向かいます。かわいい雑貨や食べ物など、お土産を買うならここは外せません!

 

f:id:suikanoasobi:20180916215051j:plain

林マークが目印。レトロな建物です。

 

f:id:suikanoasobi:20180916215113j:plain

 

レトロ可愛いエレベーターは、1階と5階にしか止まりません。5階まで昇って、買い物しつつ下りていくのが得策。

 

f:id:suikanoasobi:20180916215343j:plain

5階にあるご飯屋さんでランチ。きのこと角煮がのったご飯をいただきました。美味。

 

台南のお店では、基本お水は出ません。飲み物は自分で買ってきてね!って感じなので、同じフロア内のお土産屋さんでドリンクを買いました。

 

f:id:suikanoasobi:20180916215435j:plain

 

これは台湾のコーラだそうで、薬のような味がしました。病院でおなじみのあの消毒っぽい匂いをドリンクにしたならばこうなるだろうという味…うん、ご馳走様。

 

f:id:suikanoasobi:20180916215453j:plain

 

そして、台湾名物・豆花

こちらはピーナッツ豆花です。この世にはこんなに写真映えしない食べ物があるんです…

けれど、味は抜群。優しい甘さのなめらかな豆腐に、ピーナッツの素朴な風味が合わさって、すごく上品なスイーツという感じ。

わたしは豆腐が苦手なのですが、豆花はお豆腐そのものの味にくせがなくさりげない甘さで、とてもおいしくいただけました。

 

4階から下には、雑貨や食べ物、お茶などのお土産が充実。

女子旅には特に欠かせないショッピングスポットだと感じました!

 

そして、喉が渇いたのでタピオカドリンクが飲みたい!ということで、林百貨の道路を挟んだ正面にある醋頭家というお店へ。

 

f:id:suikanoasobi:20180916215518j:plain

 

ここは、お酢をベースにしたドリンクが人気のお店で、台湾といえばタピオカドリンクですが、その中でも少し変わり種な飲み物が楽しめました。

普通のタピオカミルクティーなら、台北にもいろんなお店があるのだけど、こういう違った感じのものは初めて見かけました。たまにはこういうのもいいですね。

 

f:id:suikanoasobi:20180916215602j:plain

f:id:suikanoasobi:20180916215618j:plain

わたしが注文したのはクランベリー酵素酢タピオカドリンク。55元です。

すっぱおいしい感じで、クランベリーの香りがさわやかでした。台湾のタピオカは日本のより甘くておいしいなあ。

 

延平街へ

f:id:suikanoasobi:20180916215729j:plain

 

またバスに乗り込み、安平老街、延平街へ。

安平老街はノスタルジックな街並みに、人々の生活ぶりが感じられる街。

延平街はその中でも、さまざまな露天が立ち並ぶにぎやかな目抜き通りです。

 

f:id:suikanoasobi:20180916215749j:plain

f:id:suikanoasobi:20180916215803j:plain

f:id:suikanoasobi:20180916215756j:plain

 

雑然とした通りは、どこを撮っても絵になります。

ドライフルーツの専門店、「吉品蜜餞」で、パイナップルとマンゴーのドライフルーツを購入。英語がペラペラのお兄さんがいて、めちゃくちゃ試食させてくれます。

 

f:id:suikanoasobi:20180916215854j:plain

立派な寺廟のような建物があるけど、電光掲示板がくっついていました。異様な光景だなあ。

 

f:id:suikanoasobi:20180916215911j:plain

四面金剛剣獅という像。それぞれの獅子が、吉祥、平安、辟邪、祈福をつかさどっているらしい。

 

延平街はトイレが有料トイレ(10元)しかないため、来る前にトイレに行っておけばよかったなあと思いました。

 

莉莉水果店でマンゴーかき氷を食べる!

さて、またまたバスに乗り込み、林百貨前まで戻って下車。

そこから歩いて15分ほどのところにある、莉莉水果店というくだもの屋さんのかき氷が、この日の一番のメインイベントです!

 

f:id:suikanoasobi:20180916220004j:plain

台南随一の果物店で、新鮮なくだものが店頭にごろごろ並んでいました。

かき氷だけでなく、フレッシュなカットフルーツの盛り合わせもあり、ぎりぎりでどっちを食べようかと迷いましたが、けっきょく当初のお目当て通りかき氷を注文。

 

f:id:suikanoasobi:20180916220017j:plain

見てこれ―!絶対においしいでしょー!

氷に負けないくらいマンゴーがいっぱい入ってるよー!!!

 

早速いただいちゃいます。

氷は日本ではやったようなふわふわの綿雪氷ではなく、薄削りのシャリシャリ氷という感じ。その上にこれでもかというくらいに載せられたマンゴーは、柔らかいを通りこしてもうとろっとろ

 

f:id:suikanoasobi:20180916220028j:plain

果肉は柔らかいのと、少しかためのとたぶん二種類入ってたと思います。柔らかいやつがめちゃくちゃとろけるんです。

てっぺんに載った薄黄緑色の果肉は、ちょっとピクルスっぽい味なんだけどマンゴーの香りがして、もしかしたらマンゴーの漬物かしら…?と思いました。そして、花びらみたいな綺麗なドライマンゴーもたくさん入っています。

どれもこれもみんなおいしい。天国。これを食べにはるばる台南まで来たんだよう…うっうっ、来てよかった。

 

花園夜市へ

f:id:suikanoasobi:20180916220050j:plain

さあ、日が暮れたらお待ちかね、夜市の時間です!

1日目の六合夜市に続き、2日目は台南でもっとも規模の大きな夜市、花園夜市に行きます!

少し遠いので、タクシーを利用。台南駅前から115元でした。

 

f:id:suikanoasobi:20180916220110j:plain

六合夜市は地元の小さな夜市という感じがしましたが、花園夜市はやっぱり広い!学校の校庭くらいあるでしょうか。もっとかな?

花園夜市は毎週木・土・日曜日の開催だそうです。こんなのが毎週やってるんだ…しかも三日も。

 

f:id:suikanoasobi:20180916220133j:plain

人がすごい。みんなどこから来るんだろう…日本人なんて、わたしたち以外見かけませんでしたから、みんな台湾人なんだろうなあ…

 

f:id:suikanoasobi:20180916220150j:plain

花園夜市のいたるところで見られる、「地瓜球」の文字。

あまりにも目に付くので、「すごい推されてるなあ地瓜球…」とつい買ってみたところ…

f:id:suikanoasobi:20180917221201j:plain

お、おいしい!これは、六合夜市で食べた鳥蛋蝦焼を超えるヒット!

「地瓜」はさつまいものことで、さつまいもを揚げてボールのようにしているものなのですが、ものすごく軽くて、中身は空気か??と思うくらい。

なのに、食べるともちもちしていて、とてもおいしいんです!かるーいいも餅のようなイメージですが、日本では出会ったことのない感じですね。ああ、食べて大正解。

あまりのおいしさに、もうひと袋買ってしまいました。笑

 

↓花園夜市の詳細は、下記の記事からどうぞ!

 

suikanoasobi.hatenablog.com

 

足ツボマッサージを受けに行く

f:id:suikanoasobi:20180916220226j:plain

台鐵に乗り、一度ホテルに帰還。くったくたで脚が棒です。

贅沢にも二日連続でマッサージ店に行くことに。お店は1日目行ったのと同じ、鄧老師養生館です。

 

この日は足ツボ40分のコース。500元プラス100元でオイルマッサージにしてもらいました。日本語のできるおじさんが担当してくれ、「リラックス!痛かったら言って!」と強さを加減してくれたので、ほどよい強さで気持ちよかったです。

 

鄧老師養生館については、下記の記事に詳細を書いております!

 

suikanoasobi.hatenablog.com

 

次回は最終日、新幹線で台北まで戻ってショッピングです。

移動時間が長かったので短い記事になるかもしれませんが、最後に今回の台湾旅行にかかった総費用をまとめるので、良かったら参考にしてください!

 

最終日の内容は、下記記事をどうぞ!

 

suikanoasobi.hatenablog.com