【手足口病】水泡状の湿疹と大量の口内炎!大人がかかるとつら過ぎた。

こんにちは、いまちです。

 

先日、手足口病にかかりました。

 

手足口病は子供を中心に流行る病気で、勤めている保育園で流行していたものの、大人だから大丈夫だろうと高をくくっていたら見事にかかってしまって地味につらかったので、発症から治るまでの過程をまとめてみようと思います。

 

 

 

 手足口病とは?

 

f:id:suikanoasobi:20181006171114p:plain

 

 

 手足口病は夏季に流行し、7月にピークを迎えるウイルス性の感染症

原因ウイルスは「エンテロウイルス」と「コクサッキーウイルス」で、複数の種類があるので何度もかかる可能性も。患者のほとんどは小児で、5歳未満の小児が80%を占めますが、まれに大人にも感染します。

 引用元:https://family.saraya.com/kansen/teashikuchibyo/index.html

 

手足口病は、ヘルパンギーナ咽頭結膜熱(プール熱)と共に「子供の三大夏風邪」と呼ばれ、夏に流行する病気。

 

症状は、手の平、足裏、足の甲、膝、お尻、口の中の水疱性発疹。発熱することもあるそうです。

 

口の中の水疱は弾けるとそのまま大量の口内炎になるため、子供は痛みで食事がとれなくなることもあり、脱水症状などに注意が必要です。

 

特効薬はないため、病院を診療して手足口病の診断が下りても、薬は処方されず経過観察を促されるのみです。症状は1週間程度で治まります。

 

子供の病気として有名ですが、まれに大人がかかることもあるそうです。

 

大人の発祥なんてまれにでしょ、まれに…なんて高をくくっていたわたしでしたが、見事にその「まれ」の中に入ってしまいました…

 

治るまでの期間は?発病〜完治まで

保育園で流行

 

勤務先の保育園で手足口病が流行り始めたのは9月下旬。7月にピークを迎える手足口病にしては遅めの流行でした。

 

0~3歳の乳幼児を中心に、手足の発疹が目立つ子供がちらほら。

 

口内炎がひどく、給食やおやつなどをほとんど受け付けずに泣きわめいている子供も見られました。可哀そうに…

 

しゃべるのも嫌なようで、普段に比べものすごく無口になっている子もいました。

 

もちろん毎日教室やおもちゃを消毒する等、流行を抑えるための対策は取られていたのですが、発病中の子供も登園を止められたりはしません。

 

特に乳児は抱っこしたりしますので、飛沫感染接触感染が感染経路である手足口病から逃れることは難しかったようです。

 

手足口病発症 1日目

 

最初に自覚した症状はやはり口内炎

 

といっても、完全に口内炎が痛い!というわけではなく、口の中に数か所に違和感があるような、そして触るとちょっとひりひりするような感じの箇所ができていました。

 

今思えば、これは弾けて口内炎になる前の水疱だったのでしょう。

 

この時点で気がついても良かったんですけど、まだ手足口病であるとはまったく思い至りませんでした。

 

「疲れたのかな?最近涼しくなってきたし、やっぱりちょっと体調崩してるのかもなぁ」くらいにしか思いませんでした。

 

特に、喉が痛いという症状も出ていたため、風邪かしら、くらいにしか思っていませんでした。

 

発症 2日目

 

口内炎がやけに多いな…と感じ始めました。

 

はっきり口内炎になっているところと、触るとひりひりする口内炎予備軍のところとがあり、前日よりも痛いので気になってきます。

 

この日の夜から、もしや手足口病…?と疑い始めたのですが、手や足を確認しても目立つ発疹は見られませんでした。

 

発症 3日目

 

 この日くらいから、もう口内炎が痛すぎて食事がおっくうになってきました。

 

インターネットで調べると、やはり口内炎で食事が取りにくくなるため、やわらかいもの、熱くないもの、喉ごしの良いものなどが推奨されていました。

 

今まで、わたしは口内炎が一度に3個以上なったことがなかったため、経験したことのない口内の痛みです。あんまり痛いので数えてみたら、上唇の裏に3個(この時点で最高記録更新)、下唇の裏に1個、右頬裏に1個、左奥歯茎に1個、舌の上に1個の計7個になっていました。

 

さらに、初日からある喉の痛みも、喉近くにできた水疱のせいなんじゃないか?と気がつきました。

 

が、ネットで調べるとなんと一度に20個以上の口内炎が口の中にびっしりできてしまった人なんかも見つけて、わたしはこれでもまだ軽い方なのかぁ…とうれしいような悲しいような。

 

手には目立つ発疹なし。左足の裏に数個、両膝に数個の発疹を確認しました。

 

足裏や膝の発疹には特に痛みはなく、押すと少し痛いなあくらいの感じでした。

 

発症 4日目

 

自覚できる口内炎が10個以上に増えました。

 

あごの骨も押すと痛くて、食事がいよいよ嫌になってきました。

 

仕事中は仕事スイッチが入っているので普通に食べられるのですが(それも不思議な話だけど)、家での食事はほぼすべてのものが沁みるので食べられないんです。

 

この日とうとう大人なのに食事を放棄しかけました。ここまで増えると、10個だろうが20個だろうがつらいもんはつらい。

 

夕食のおかずは放棄しました。沁みるので…

 

白米と冷めたお味噌汁だけ食べましたが、これは比較的食べやすかったです。アイスクリームも食べられました。

 

本当、この日だけは本気で離乳食みたいなものが食べたいわ…と思いました。三食マックシェイクでもいいわとも思った。

 

そして、歯みがきが苦痛でした。ブラッシングも当たって痛いのですが、それはなるべく当たらないようにそっと磨けばいいのでまだマシ。

 

うがいが本当に地獄でした。ただの水が、傷に塩水をかけたみたいに沁みて痛かったです…。

 

 手にはこの日も目立つ発疹なし。足の裏の発疹が増えて、足の甲にもぷつぷつと出てきていました。膝の発疹も若干増えていました。発疹の痛みはなし。

 

この日がつらさのピークでした。

 

発症 5日目

 

前の日がつら過ぎて、行っても仕方ないのに病院へ行きました。

 

かかりつけの内科医で、「5日ほど前から口内炎が増えだして現在10個以上、足裏と膝に発疹、熱なし、咳なし、嘔吐下痢なし」の症状を伝えて診察を受けました。

 

勤務先の園で手足口病が流行っていることを告げると、

じゃあそれじゃない?手足口なら、あと2,3日で治るよ」とのこと。

 

膝の発疹を見せて、手足口病と断定されました。

 

やっぱり薬は処方しないから様子見てと言われたのですが、「口内炎の薬くださいよ!!」と粘ったのでしぶしぶケナログを出してくれました。

 

わたしが子供のころから知っているかかりつけ医なので、「あんた普通こんな薬ださないから!」と文句を言われましたが無視しました。

 

口内炎の痛みは続いていましたが、前日よりは心なしか楽になったような気がします。

 

夜寝る前に、処方されたケナログを塗れる範囲で塗って就寝。

 

この日初めて、手に数個の発疹を確認しました。足裏、膝はほぼ変わりませんが、少し薄くなっていました。

 

発症 6日目

 

まだ口内炎は痛いものの、急激に痛い箇所が減って楽になりました。やはりケナログは強し。

 

特につらかった上唇3個の口内炎がふさがってきて、一気に食事がしやすくなりました。が、新たに右頬裏の大きな水疱が盛大に破裂し、こちらが痛かったです。

 

全体的に減っていた食事量を戻して、ほぼ普通に夕食を食べました。

 

歯みがきのうがいは引き続きつらかったです。寝る前に新たな口内炎ケナログを塗って就寝。

 

手足の発疹はこの辺で落ち着いていきました。

 

発症 7日目以降

このくらいから、口内炎もだんだん収束してきて気にならなくなってきました。

 

体内には保菌していたのかもしれませんが、自覚症状的にはつらさがなくなってほぼ完治のような感じです。確かに治るまで1週間でした。

 

まとめ

 

全治1週間。

 

手足口病は名前は知っていても実際にかかったのは初めてで、地味~につらかったです。

 

大人でもこんなにつらいんだから、子供たちはさぞかしつらかっただろうなぁ…と思います。

 

特効薬がないというのもつらさ倍増でしたね。

 

それでも、ケナログは本当に口内炎に効き目抜群だなと思いました。

 

あとは、食事が本当にやっかいなので、本当に本気で流動食が食べたかったです。

 

三食マックシェイクがいいや…なんて思ってましたが、口を開けるのも痛いので、口にスプーンすら入れたくなくなるからなんですよね。ストローで食事できたら楽だったろうなあ…

 

食事はストローというわけにいかなくても、水分補給はストローでできると思いますので、もしお子さんが痛がってお水を飲みたがらなかったら、冷やしていない常温のお水をストローで飲ませてあげるといいと思います。

 

脱水症状には注意、です!