いまち月のハコニワ

発達障害&卵巣嚢腫と生きるアラサーガールブログ

映画『トイ・ストーリー4』感想 ラストは賛否両論?どう観るべきか?

toystory4

 

こんにちは、いまちです。

 

公開中の映画トイ・ストーリー4』を観てきました!

 

大大大好きなシリーズの最新作ということで、超楽しみにしていました。

 

が、今回のトイ・ストーリー4、実はその内容の衝撃さに巷では賛否両論らしく、内心では「4を診てトイ・ストーリーシリーズが嫌になったらどうしよう…」とちょっとドキドキしておりました。

 

で、実際観てみてどう感じたかを含め、感想を書いていきたいと思います。

 

あらすじなど、映画の詳しい情報は以下のリンクから公式ページへどうぞ!

 

www.disney.co.jp

 

 

 

 

観賞後の感想と印象 ややウッディよりの物語(ネタバレほぼなし)

 

観賞後、ずばり最初に浮かんだ感想は、

 

「ウサギとアヒルwwwwwww」

 

でした笑

 

toystory4

 

この4で初めて出てきたキャラクター、名前はダッキー&バニーというらしいですが、このウサギとアヒルがもうとにかく可愛くておかしくて、とあるシーンでわたしは腹筋が崩壊しました。ガチで。

 

誰だよ、ダッキー&バニーの声をチョコプラでキャスティングしたの…天才かよ…

 

この一見ふわふわで可愛いぬいぐるみたちの思わぬ活躍(?)は必見ですよ。笑

 

あのシーンであそこまで笑ってたの、いまちだけだった気もするけどな…

 

あと、巷では賛否両論だという、衝撃の内容とラストについてですが、わたしは正直「良いのではないか?」と思いました。

 

なんか、「思ってたのと違う…」というような意見も聞いてしまっていたので、そんなに期待外れな内容なのか?と不安でしたが…

 

思うに、今までのトイ・ストーリー1~3までのシリーズって、群像劇とまでは言わないけど、ウッディと仲間たちとの絆にある程度スポットを当てて進んでいくお話だったという風に感じます。

 

が、今回のトイ・ストーリー4では、視点が少々ウッディ一人に偏っている内容に感じられるんです。

 

だから、4は今までのような、ウッディも好きだし、バズもかっこいいし、ジェシーも可愛いし、ハムとかレックスとかブルズアイとか…みたいな観方で楽しむような作品ではない。

 

あくまでもウッディの思い、ウッディの視点で描かれた作品として、ウッディに感情移入をしながら「自分がウッディならどうする?どう思う?」と考えて観るべき作品なのではないかな、と感じました。

 

 「思ってたのと違う」と感じている方は、たぶん今までの1~3のシリーズを観るときと同じ空気感を期待していたせいではないかと思います。

 

 あと、シリーズが好きな人なら誰もが気になっているであろうボー・ピープの存在も大事ですね。

 

toystory4

 

今回のキーマン、いやキーウーマンです。

 

ボーといえば、トイ・ストーリー2までは普通にいたのに、3でいきなりアンディの家から消えていて、「他の家に行った」の一言で片付けられてしまっているという可哀想なキャラ…と思っていたのですが。

 

今回、トイ・ストーリー4では、なんと3ではついに最初から最後まで登場することなく消えてしまったボーが、他の家に行くことになったその経緯とその後を知ることができるんです!いやあ、びっくりしたなあ。

 

4のボー・ピープのメインビジュアルを見るだけで、「何があったの…?」とこちらが困惑してしまう変貌ぶりを見せてくれたボーですが、わたしは4を観て以前以上にボーが好きになりましたね。

 

昔、ものすごくボー・ピープ推しの友達がいて、どこがいいんだろうと思ってたけど、先見の明があったんだなぁその子…

 

 

 

 笑いと感動と納得のラスト(ネタバレあり)

 

さあ、ここからはネタバレありありの感想とか、思ったことを書いていきますよ。

 

観賞前でネタバレを避けたい方は、ここまでで引き返してくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

いやあ、笑ったなあ、ウサギとアヒルの妄想シーン。笑

 

あそこですよ、アンティークショップのオーナーのおばあちゃんから、どうやって鍵を奪うか考えているシーン。

 

「いい考えがある」からの、クソ妄想3連発

 

からの、エンディングでもう一発。ピクサー、殺す気ですか。

 

いや、正直、あそこであんなに笑ってたの、わたしの周りではわたしだけだったとは思うけど、もう呼吸困難になるくらい笑ってマジでお腹が痛かったよwww

 

かと思えば、猫に追いかけられてお店を飛び出したシーンで、バニーが綿の塊になってしまったと勘違いして泣きじゃくるダッキー、そこですぐにバニーが出てきて抱き着いて泣きじゃくるダッキー。神可愛いな。

 

もう中の人がおっさんでも、そこは可愛かったですね。

 

というか、本当にダッキー&バニーの声にチョコレートプラネットの二人をキャスティングした方、ありがとうございますぴったりですね!

 

さて、ウサギとアヒルについてはこのくらいにして。今度グッズ買お。

 

 問題のストーリーとラストについてですよね。

 

賛否両論あるみたいですが、Twitterをちょっと見てきて、否定派の方って、やっぱり結末が受け入れられないっていう意見が多い。

 

あと、3で綺麗に終わっていたのに、どうして4を無理やり作っちゃったの?という意見とか。

 

たしかにね、3で完全に終わったとわたしも思っていたので、「え?4?今さら???」と思いましたよ。トイ・ストーリー大好きなわたしでさえね。

 

大好きだからこそともいえるけど。

 

でもね、純粋に大好きなシリーズの新作が観られるのは、嬉しい。きっと作る側も同じで、大好きなシリーズだからこそ、どん欲に新作を作り続けてしまうんじゃないかな。

 

それに、わたしは別に無理やり作った内容という風には感じなかったなあと思います。

 

3でアンディからボニーへ、新しい持主へと手渡されたウッディたち。そうやって時代が変わったから、状況が変わったから、今までのようにはいかないのは当然のことで、4が3までの内容とは異色の内容になるのは当たり前のこと。

 

で、物語としては、3で新しい持主が見つかってよかったね、めでたしめでたし、でもよかったのかもしれない。

 

でも、たぶん実際はそうじゃない。ウッディたちおもちゃの歴史は続いていくし、ボニーとの歴史、そしてその先もきっとある。

 

3を観終わったとき、わたしはたしかに、

 

「今回はボニーのところに行けたからよかったけど、ボニーが大人になったらまた同じことが起こる。おもちゃを捨てるのか、誰かにあげるのか、ということに。おもちゃの運命だからそれは仕方ないんだろうけど、でもじゃあこれは、3はハッピーエンドってはたして言えるのだろうか?

 

と思いました。

 

だから、今回4ができて、続きの歴史を観られて、ちょっと安心したという感じがあるんです。

 

だって、おもちゃの未来ってどうしたってハッピーな未来が想像しづらくて、でもその中で、ウッディがちゃんと「自分のために」おもちゃとして幸せになれる選択をしてくれたから。

 

上でも述べたように、4は今まで以上にウッディの気持ちにスポットを強く当てて描かれた作品だと思うし、わたしは素直にウッディに感情移入しちゃったんで、ウッディが幸せになってくれて純粋に嬉しいんです。

 

だってだって、持主がアンディからボニーに変わったことで、ウッディにとって何が一番変わったって、ウッディはボニーの最もお気に入りのおもちゃではない、ということでしょう。

 

ウッディはどうしたってボニーの一番にはなれない、それどころか、全然遊んでもらえないわけです。

 

それを思うと、もうウッディに「持主への気持ちは?仲間との絆は?」なんてこと切なくて言えないんですよね…。まあ、それでもウッディは最後まで「ボニーのため」に執着してはいたのですが。

 

でも結局、ボニーのもとを離れて「迷子のおもちゃ」としての自由を手に入れたことは、あのときのウッディにとって最善の選択だったのでは、ということになるんですよね。

 

そう考えると、3は綺麗に終わってはいたけれどハッピーエンドではなく、4は蛇足にも感じられるかもしれないけれど真の意味でのハッピーエンドと受け取ることができるんです。

 

だから、もちろん4がいらなかったと感じる人は、3ですぱん!と終わらせといてくれよー、と思うんだろうけれど、わたしは4を作ってくれて良かったな、と思います。ウッディのために。

 

さて…あと語りたいことと言えば、ボーのことくらいですかね。

 

いやあ、ボーの変貌ぶりには超驚きましたよね、実際。

 

1と2でのボーといえば、おしとやかなお嬢さん的なキャラクターである印象が強かったんですが。

 

今回新たに登場した”新生”ボー・ピープは、行動的でたくましい、超アクティブな女の子になっていました。

 

最近、ディズニーこういう女の子像好きですよね。推してるんですかね。

 

昔のディズニーの女の子って、オーロラとか、白雪姫とか、王子様早く来てくださいお待ちしてますね的な受け身な女の子ばっかりだったのに、だんだん女の子が行動的になっていってますよね。

 

ベルとかアリエルとかの時点で、もうだいぶ冒険好き少女みたいな感じだったけど、ラプンツェル以降は頓にそういう傾向が強くなってきたな~って感じてる。

 

こういうのも、時代に沿っているんですかねえ。まあ、わたしはご多分に漏れずこういう女の子大好きですけどね。

 

 

 

あ、フォーキーについて何も触れなくてごめん…可愛かったよフォーキー…(それだけ)